東京/港区|LURK|木造軸組工法

物件名:LURK
所在地:東京都港区
構造:木造軸組工法
断熱:グラスウール充填断熱
規模:地上3階
延床:144.43m2(43.69坪)
意匠設計:株式会社APOLLO一級建築士事務所/黒崎敏
構造設計:正木構造研究所/正木健太
設備設計:松本尚樹
施工:株式会社工房/監督 新庄貴男
写真:西川公朗

理想的な整形地と出会ってはじまった家づくり
土地探しをはじめて4年以上、なかなかよい土地に巡り合えず、
一時はマンション購入も検討されていたというI様ご夫妻。
とはいえマンションも条件に合う物件になかなか出会えず、
根気強く土地探しを続ける中で、
港区の閑静な住宅街に理想的な整形地を見つけたところから、
I様の家づくりがはじまりました。
東京/港区|木造軸組工法 外観

命題は高い意匠性と断熱気密の高い家づくりの組み合わせ
東京/港区|木造軸組工法 リビング
その後、様々な依頼先の検討を重ねた末、設計は建築家の黒崎敏さんが主宰するAPOLLO一級建築士事務所に、施工は工房で行うことになりました。
APOLLOさんが求める高い意匠性と、私たちが求める断熱気密の高い家づくりをどう組み合わせるか、これが私たちの命題でした。

ひそやかな落ち着きと静寂を覚える「LURK」
建築家の黒崎さんが「LURK」と名付けたこの新築建物は、表面がすべて木製ルーバーで覆われて、屋内からの解放感は確保し、外からの視線は緩やかに遮蔽するつくりになっています。
住宅の密集地で樹林を眺めているような、ひそやかな落ち着きと静寂を覚える建物です。
ガレージ上の2階が力強く跳ねだした冒険的な木構造でありながら、2階は44.5㎡の一体空間のLDKを確保できるよう特殊な構造の読み解き方をしています。
東京/港区|木造軸組工法 キッチン

設計者・工務店・お客様の3者の協力関係による家づくり
東京/港区|木造軸組工法 階段
ミリ単位でデザインを高めることにぎりぎりまで尽力し続ける設計者と、不具合が起きにくい仕様や高い施工品質を求めることを望む工務店と、両者に協力し続け工事の無事を願うお客様との3者の協力関係によって、意匠と性能を合わせ備えたこの建物は7カ月掛けて無事に竣工いたしました。

ご家族の笑顔で実感する充実した家づくり
そして、待望のお引越し日。笑顔でご家族が現れた時、はじめてI様にお会いした日からこの日まで、とても充実した家づくりだったことを、この時に私たちはあらためて実感したのでした。
東京/港区|木造軸組工法 居室

Follow me!