南浦和デザイナーズ注文住宅2020年8月

物件名  南浦和プロジェクト
場所   埼玉県さいたま市南区
構造   在来工法
規模   地上2階
竣工予定  2020年

工房のOB客でたてもの好きのミスターNです。よろしくお願いします。
前回の訪問から1か月、南浦和のデザイナーズ注文住宅はどこまで施工は進んでいるでしょうか。

覆いの足場が撤去され外観が見えるようになっていました。グレイに塗装されたシックな外観、深めに設定されたバルコニー、バルコニー天井のデッキ材処理などデザイナーズ注文住宅らしい重厚で洗練された邸宅です。木造の在来工法の住宅には見えないですね。

バルコニーの床を1枚1枚施工しています。基礎パッキンと床束(ゆかづか)をうまく使っています。表面のタイルと床束の間にはタイルと同寸法のメッキ済み鋼鉄パネルが敷かれますので、中空に浮いた床ですが踏み心地は地面のようなしっかり感がありました。

施工状況。プラスチックの床束は長期間の屋外使用にも耐え高さ調整も微調整可能、多少の地面と床の傾斜も吸収できる優れもの。グレイに塗装された床下はFRP防水施工になります。

自然光がたっぷり入る階段室。左右の壁は下地加工が終わっていますのでクロスを貼るのを待つだけ。階段室に足場があるのはクロス貼りや天井塗装などの作業が残っているためです。

まだ施工中のカーテンボックス。電動のブラインドが施工されるそうですが、ブラインドが収納されてもブラインドが露出しないような深さを考慮した設計に見えました。細かい点まで「美」を追求、計算するところがデザイナーズ住宅と言われる所以です。

1階、親世帯で使用する床タイルがガレージにストックされていました。次回訪問時には床の施工は終了しているはずです。

竣工までまだ時間がかかりそうですが、安全第一でよろしくお願いします。

Follow me!