マンションリフォーム2

所在地:埼玉県新座市 マンション
構造 : 鉄筋コンクリート造6階建
延床 : 58.51m2(専有面積)
設計 : 株式会社工房一級建築士事務所 / 設計 石川恵理子
施工 : 株式会社工房 / 監督 吉越誠一郎
竣工 : 2014年7月
*画像をクリックで大きな画像が開きます。

 

■マンションによくある暗い玄関廊下の改善

1991年竣工の中古マンションのフルリフォームの事例です。
北側の玄関から廊下にかけては、照明の明かりをつけなければ日中でも真っ暗でした。床はグレーのカーペット張りで、部屋全体が薄暗くどことなく陰気な感じでした。
そこで、廊下の突き当たりのドアにスリットガラスを入れ、ダークブラウンのドアには上からダイノックシートを張り、白くしました。こうすることで、廊下は日中でも明るくなりました。

暗い玄関廊下の改善

■キッチンとリビングを一体的な空間へ

キッチン前の冷蔵庫隠しのためにあった小壁とダイニングキッチンとリビングを分断する間仕切り建具も撤去して、LDKを使いやすい一体的な空間にしました。

LDK解体中

竣工後のLDK

■キッチンは機能的なシステムキッチンへ

重いカラーのシステムキッチンでしたが引き出し型の収納スタイルへ。シンクの上吊り戸棚が圧迫感のあるサイズでしたので高さを抑えるサイズへ変更し空間の軽やかさと使いやすさを両立しました。

改修前

改修後

■広くしたリビングの掃き出し窓を3層ガラスに

お客様は、広くなったLDKの空調の効きを気にされておりましたので、掃き出し窓にリフォーム内窓を付けて、窓からの熱損失を緩和させ、車通りの喧騒も遮断しました。既存の窓はシングルガラスです。
ガラスというのは同厚のベニヤ板と断熱の性能は同じです。断熱性能を高めるため、複層ガラスのLOW-Eのリフォーム内付け窓を設置し、合計で3層のガラスによって外気の影響を少なくするよう配慮いたしました。

元の窓は生かしつつ複層ガラスのLOW-Eのリフォーム内付け窓を設置

■明るく清潔感のある化粧台に交換

窓のない洗面脱衣室。ここは最も暗く、明るく清潔感のある化粧台に交換しました。 ご年配のお客様が一人で暮らされますので、洗面化粧台の鏡は収納力のある三面鏡でなく、壁側の圧迫感の少ない大きな一面鏡をあえて選んでみました。

改修前

改修後

■節水型のトイレにバリアフリー用の手摺

トイレには落ち着いた色のアクセントクロスを張り、バリアフリー用の手摺も濃い壁紙に合わせたダークブラウン色としました。トイレはもちろん節水型のトイレに交換です。

改修前

改修後

■引き戸はバリアフリー対応の幅の広い一本引きの建具に変更

和室は洋室フローリング張りに変更し、押入れもクローゼット折れ戸に交換。
和室入り口にあった2枚引き戸は、空間をすっきりさせてバリアフリーにも対応している幅の広い一本引きの建具に変更してみました。

改修前

改修後