工房は「建築の原価」を公開いたします。1棟1棟異なる家づくり。夢を叶えたお客様の家が、どんな建材や手間で成り立っているか、金額の根拠を知っていただくためです。一方、建築の事業を長期に継続し、お客様の住まいを長く守っていくためには「適正な利益」の確保も大切にします。

原価公開5つのルール

原価公開のための5つのお約束私たちの原価公開には、5つのルールがあります。
1.建築費用の原価、利益をお客様に公開します。
2.原価に対する利益率表を作成し、お客様に公開します。
3.構造・断熱等の詳細仕様を全て公開し、高品質な建物を提供します。
4.工事原価が下がった場合、差額は返金します。
5.お客様のご要望に起因しない追加請求はいたしません。

「原価利益率一覧」はこちらをクリック(PDF)

 

注文住宅に「坪単価」はありません

お客様のご要望を細かいところまで叶えていく注文住宅では、「標準的な家」は存在しません。ですので、厳密には「坪単価」も存在しません。
注文住宅とは「お客様の望みを細かく叶える」ための建築の手段です。「坪単価」とは「規格化された商品」、いわゆるパッケージ住宅の目安です。
私たちの家づくりはパッケージ化されていません。設備や建材の仕様はすべて自由です。
だからこそ、お見積の原価を比較しながらお客様と二人三脚で建築コストをコントロールしていきます。

自分の家の原価は何%か?

「自分の家の原価は何%なのか?」この事実を知れる方はほとんどいません。
建築費用が安い場合、
① 建材設備を安いもので構成されている
② 職人に仕事を安く請け負わせている
③ 建築会社の利益を薄くしている
この3つのバランスによって決まります。

①建材設備が安ければ安いなりのグレードとなり、②職人に安く仕事をさせれば、食べて行くために1現場を短期間で終わらせ現場数で利益を上げようとします。③建築会社の利益が薄いと経営体力に問題が生じ、事業が長続きせず倒産をしてしまいます。

ですので、建築工事費は、プランが良く金額も安ければよいというだけでなく、長期に渡っての維持管理リスクも検討していかなければなりません。
例えば、自分の家の「原価」が分かりますと、設備仕様による家の格、職人の手間の掛け方、建築会社の利益まで明らかになります。それによって、注文住宅の家づくりもより自由度が高く安心して検討ができるようになります。