目白通り、東京カテドラル聖マリア大聖堂にもほど近い5階建て高級マンション施工事例

物件名:-
所在地:東京都文京区目白台
主要用途:共同住宅
構造:主体構造 鉄筋コンクリート造
規模:地上5階
敷地面積:134.21m2
建築面積:94.31m2
延床面積:392.53m2
設計・監理:株式会社ミニマ
設計・施工:株式会社工房
設計期間:2017年5月~2018年6月
工事期間:2018年7月~2019年7月
法規・敷地条件:近接商業・第一種中高層住居、準防火地域

 

5階の居室から屋上に出ると見える池袋方面の夜景。目白通り沿いに建つ建物ですので、背後の住宅街は高い建物が無く見通しが良くなっています。毎日こんな夜景を見られるのは幸せです。

設計担当:株式会社工房 / 長谷川隆彦からひと言

目白通りに面しているが、近隣は閑静な住宅地。間口が狭く奥行きが長い敷地で、共同住宅を計画するには非常に難しい物件でしたが中央に中庭を配し、採光・避難経路を確保。
落ちついたシックな内外装でまとめることにより高級感を実現できました。
施工担当:株式会社工房 / 鳴海義和からひと言

とても工事のやりずらい場所でした。前面道路の規制が厳しくフルに1日工事ができなくて心配でしたが完成した時は安著感いっぱいでした。
エントランスのタイルを貼りクリーニングが終わったあとの重厚感にニヤリとしました。ガンバッタかいがありました。
営業担当:株式会社工房 / 平井雄一からひと言

敷地に合わせた建物の形の為、直角がほとんどの無く工事泣かせの現場かなぁと現場監督時代を思い出しました。302、402のベランダはぽっかりと箱庭の様に気持ちの良い空間でここでビール呑みたいなと思いました。

Follow me!