工務店×設計事務所=工房
menu

工務店×設計事務所=工房

Home  »   家をつくる
家をつくる kobo Style

工務店 × 設計事務所 = 工房

後悔しない「家づくり」
いうまでもなく、家づくりは、誰にとっても一生の大きな買い物であり夢です。
それほどのものに、全く何もない段階から大金を支払っていくというリスクがあります。
信頼できる依頼先を見つけなければ、建築では、後で「こんなはずではなかった」と 後悔するトラブルが後を絶ちません。
皆さんに知っていただきたいのは、「家づくりに魔法はない」という事実です。
魅惑の設備や安さに惑わされず、設計力や品質をベースに、「提案された自分の家は、一体どれくらいの格なのか」、紙の資料だけでは見えてこない「質」や「実」を見極めていくことが 失敗しない家づくりの第一歩だと思います。

お客様の夢は十人十色
工房は、パッケージ住宅を建築しません。下請工事もいたしません。
1棟1棟、ご計画条件を踏まえ、様々な工法や仕様を駆使し、自らの手で施工します。
お客様の想いは十人十色。
規格のモノサシに当てはめず、デザイン以外の性能にもこだわります。
「カッコイイだけじゃイヤだ。快適で堅牢な家に住みたい」
そんなこだわりをもつお客様に出会えることを、私たちはいつも望んでおります。
「何年経っても、早く帰りたくなるような気持ちよい家」に暮らしていただくこと。
それが、わたしたちの目指す仕事です。

絶対的に優れた工法はありません
工房は、工法を固定しません。工法とは、あくまで希望を実現させる建築の「手段」だからです。
「絶対的に優れた工法」など、世の中には存在しません。
鉄筋コンクリート、木造、鉄骨造、混構造、それらの工法には、「メリット」と「デメリット」が必ずあります。それをしっかりご説明した上で、ライフスタイルや家族構成、敷地条件やご予算などを勘案し、計画に見合う合理的工法を検討していき、選定した工法を、自由な設計でカタチにしていく。
それが本来の住宅建築のあるべき姿だと、私たちは考えております。

設計事務所からはじまった工務店の新しいあり方
私たち工房は、当初はRC造専門の一級建築士事務所でした。
設計事務所が描く個性的なプランを、高い住宅性能でカタチにさせるため、工務店に変身して施工品質を磨いてきました。
ですので、私たちは、デザインのみに特化した建築事務所でなく、提案力が弱い工務店でもありません。
私たちは、一般的には「工務店」のカテゴリーに属しますが、実際は「アーキテクト・ビルダー」という、新しい家づくりの手法を共有する建築集団です。

そんなわたしたちのこと、詳しくはこのホームページで。