二子玉川「閑静な奥」、国分寺崖線に建つ家

物件名:世田谷区瀬田の家
所在地:世田谷区瀬田
構造:RC外断熱工法
断熱:
規模:地上3階
延床:
設計:株式会社工房 / 池上修一
施工:株式会社工房 / 布山仁

二子玉川駅から徒歩5分少し、国分寺崖線と呼ばれる南向きの斜面の土地の建て替えを施工いたしました。多摩川に向かう南斜面のため2階からは横浜、川崎方面や富士山も見える非常に良いロケーションでした。

 

設計担当:株式会社工房 / 池上修一からひと言

東京の奥座敷、二子玉川の住宅です。敷地は多摩川が数万年をかけて削った長い崖。国分寺崖線の上にあります。その良好な環境は、風致地区、崖線保全条例、みどりの基本条例などいくつもの法令で守られています。
建築主様のご希望は堅牢、快適、インフラの自己完結、などでした。計画はRC造、外断熱、ソーラー発電、井戸(残念ながら出るに至りませんでしたが)で回答を出しました。
大きな居間は2方向から柔らかい光が回り込むように。キッチンは来客が多いご家庭のためにたっぷりと大きく作りました。大切な植木は安行植木の里まで、何回も足を運び選んでいます。
施工担当:株式会社工房 / 伴からひと言

準備中
営業担当:株式会社工房 / 成田からひと言

準備中

Follow me!